CONTACT

株式会社ATTARArt(アタラート)

ENGINEERS

エンジニア

ニーズを拾うだけ
なんてもったいない

製造 市村 寿邦

次はどんな仕事をしようかと考えるとき、アタラートでは世の中のニーズを拾って終わりには決してしません。あったらいいなの種として、事業や製品にならないか本気でアイデアを出し合うのが当たり前になっています。ランチしながら「こんな製品できないかな」と議論するのも日常茶飯事です。
実際に、現場で働く社員の声をもとに開発した、電気制御盤製造の作業がしやすくなる台車は、他社向けに販売する製品になりました。爬虫類を飼っている社員が、飼育用ケージへの不満をふと口にすれば、「産業機械に使うアルミフレームでつくったらいいんじゃない」と盛り上がり、本気で製品化を検討しましたね。
「畑違いかも」という迷いは私たちにはありません。ものづくりの知識と技術で解決できるなら、「こんなやり方、こんな機械はどうですか?」とどんどん提案していきたい社員ばかりですよ。定石に固執せず、いくつものアイデアをお出しします。「そんなやり方もあるの!?」と驚かれることもあるかもしれませんがご容赦ください。小さなニーズも新たな需要へと変える仕事をし続けます。

未来へ挑戦する
設計デザインを

機械設計 原田 隆佑

アタラートは、チャレンジ好きな会社です。「この機械は改良の余地がある」「こんな機械があったら喜ばれるだろう」と思い浮かぶと、素直に試してみたくなる。自分が一から考えたアイデアを製品にできるチャンスが多く、モチベーションが高まる環境です。
事業領域も、自動車をはじめとする工業分野にとどまらず、食品、医療、美容などへ進出しようと目論んでいます。実際に、私たちのグループの美容事業において、人力で行われている作業を自動化する機械に挑戦したこともありました。新しいメカトロニクスの探究はやめられません。
2019 年に船出したばかりの企業ですが、機械や電気の分野で経験と実績を積み上げてきた技術者たちが在籍しています。私自身、お客様の課題やニーズに応える機械をいくつもつくり上げてきました。工場内の省スペース化のため、サイズは変えずに多機能化を実現した機械。従来とは全く異なる機構で検査工程の時間短縮に成功した機械。もっと速く、もっと便利に、もっと安価に。みなさんのあったらいいなに、チャレンジさせて欲しいんです。ご期待を超える製品を突き詰める熱意と、アイデアをカタチにするノウハウには自信があります。

仕様書の余⽩こそ、
知恵の⾒せどころ

電気設計 佐野 佳奈

電気制御は、どんな機械にもアイデアを反映できる仕事だと思っています。ご依頼をいただくとき、なにに使う機械か、どんな機能が必要かなどの点は明確に決まっていて、機械設計が要件を満たすご提案をしますよね。でも、機械をどう制御し、操作するかは、仕様書でもきっちり定まっていない場合が少なくありません。
プログラムの組み方、操作感を良くする工夫など、アイデアを生かせるポイントがたくさんあります。自由度が高い分だけ面白く、責任も重大です。お任せいただいたからには、正常に動くだけでなく、少しでも使いやすく満足度を高めるものにしたい。細部までこだわるプロセスを楽しんでいます。頭に湧き出すアイデアをカタチにするのが、電気設計としてのお客様へのご提案です。
入社数年目から案件をひとりで担当し、お客様とやりとりさせていただいてきました。責任ある仕事を早くから経験してきたおかげで、自分の意見やアイデアを示せる設計者になれたと思います。みなさんのあったらいいながさらに満足ゆくものとなるように、お手伝いをさせてください。

株式会社ATTARArt
(アタラート)

愛知県豊田市田代町3丁目19−16

お気軽にお問い合わせください。

0565-37-8617

受付時間:平日9:00 - 18:00(土日除く) 

©️2020 ATTARArt.